リゾート感漂う住空間 森の中に居るような爽やかな空気感溢れる家

2014年竣工。リゾート感の漂う屋内は、自然素材をふんだんに用いた二世帯住宅。玄関を分けた完全分離型となっています。「祖母の家がそうだったので、同じ形にしたかったんです」と施主様。 ジオパワーシステムを採用し、天井や壁にもふんだんに木を使って清涼感溢れる空間になりました。環境に優しく住み心地の良い家となっています。

物件詳細

2階・ダイニングキッチン

床は栗駒産の杉無垢材、天井は唐松の無垢張り。壁はシラス(火山灰)の塗り壁。良質な自然素材に包まれた心地よい空間が広がる。2階は子世帯の居住スペース。開放的な対面キッチンは手元が隠れる高めの立ち上がりを造作。可愛いモザイクタイル仕上げに個性が光る。

2階・リビングダイニング

シラス壁は場所ごとに塗り方を変え、生み出される陰影が豊かな表情を見せてくれる.

1階・LDK

お母様が暮らす1階は使いやすいコンパクトな造り。
壁の一面はさわらの板張り(多摩産材)

お客様の声

実家を二世帯住宅にと考え、自然素材の空間が確かめられる体感ルームに行きました。そこで感じた気持ち良さと家づくりに対する情熱が決め手となりました。
シラス壁の塗り方を空間ごとに変えたり、モザイクタイルを使ったりと、自分好みの空間づくりをたっぷりと楽しみました。仕上がりもとてもきれいで、眺めるだけで心までなごむ住まいです。

その他の施工事例