地球に優しい木の家は身体に優しい家

地球に優しい木の家は身体に優しい家

森林はCO2削減・地球温暖化対策の救世主

森林は二酸化炭素の吸収源として大きな役割を果たしています。樹木は、光合成により大気中の二酸化炭素を吸収するとともに、酸素を発生させながら炭素を蓄え成長します。

特にスギやヒノキなどの針葉樹人口林は多くの二酸化炭素を吸収し炭素を固定します。しかも木材となり住宅や木製品として使われてからも固定されたまま持続します。

今東京の多摩川流域には、使うべき樹齢の木がたくさんあります。その木を積極的に伐って使い、あとには若い木を植える。その循環が、林業をそして国産材で家を造るシステムを活性化し、ひいてはCO2削減・地球温暖化防止に繋がるのです。

そのようにして”東京の木で造った家“はまたそこに住む私たちの身体にも”優しい家”となるのです。

多摩産材の家のならマイホームパートナー

多摩産材の家

マイホームパートナーでは毎週、『まいにち相談室』を受付中です。
平日の10:00〜16:00(水曜日を除く)にて、新築、建て替えに関する様々なご相談をして頂けます。

ウッドショックで計画が進んでいない方、お困りの方など、健康的な素材とは何か? 木材の適材適所の活かし方は? 技術、機能的な 住宅とは? ワークスペースのリフォーム、水廻りのリフォーム、etc・・・

もちろん新築のご計画の方、資金計画のご心配な方も、住まいのお困り事なら何でも対応させていただきます。お気軽にお立ち寄り下さい。